独学に必要不可欠なのは勉強量!

独学で、勉強される方は、これから説明するその特徴をしっかりと理解して下さい。
独学で合格するのは非常に困難で、その勉強法を選ぶということは、それだけ大変な勉強をしなければいけないということです。

ところで皆さんは、何故独学だと合格が難しいのか考えたことはありますか?
理由は、色々あると思います。 「良い教材がない」「カリキュラムを自分で作らなければいけない」「学習ポイントがわかならい」などが考えられます。
確かにこれらがしっかりしていなければ合格は困難です。

しかし、もっと簡単に言ってしまえば、独学の一番の欠点は、メンターがいない、つまり教えてくれる先生がいないという言うことです。

皆さんもここで考えてほしいと思います。
我々は学生時代から勉強をする時、そこには先生がいました。
そして、先生の授業を聴きながら、勉強を理解して、学力を高めて言ったと思います。
つまり、多くの方は、授業を聴いて学ぶという思考が出来上がっているのです。

しかし、資格の場合はどうでしょうか?
資格となってしまうと何故か皆さん独学で勉強してしまいます。
その理由の本質的なことを言うと、本気でその資格を取りたいと思っていなからだと思います。

本気でその資格がほしいと思えば、多少お金がかかろうとも合格の可能性の高い、通信講座や資格学校を利用すると思いますし、極端に言ってしまえば、借金をしてでも利用するはずです。
しかも、通関士は合格率が一桁台で非常に難易度が高く、 独学はおろか、通信教育や資格学校を利用しても合格が難しい試験です。

もちろん、独学で合格できないというわけではありません。 実際に合格できる人もいます。

しかし、そのような人達は、もともと勉強が出来る方か、人の何倍も勉強している方です。
とてもじゃありませんが、皆が皆なそういう人だとは思えません。

ですので、独学で、通関士の試験を目指す方は、もう一度真剣に考えてほしいと思います。
果たして本当に独学で勉強しなければいけない理由があるのかと。

通信教育(講義が聴ける学校のみ)や資格学校を利用できれば、講師の指導の下、 それに則って勉強するだけですから、効率は独学と全然違います。

また、講義が聴けることで、法律を理解するスピードが格段に速くなり、勉強量も少なくてすみます。

対して、独学だとテキストのみの勉強で理解するのが大変ですし、
わからないことがあっても 誰も教えてくれません。
この違いは非常に大きいと思います。

それでも独学で勉強するという方は、人の何倍もの勉強することが必要です。
それをこなせるだけの時間と覚悟があれば、独学でも合格は目指せます。
後は、今の環境と相談しながら、結論を出して下さい。

通信教育特集

フォーサイト
講座概要

●講義の内容:DVD講義、ハイビジョン撮影
●テキストの内容:フルカラー、図表、B5サイズ
●サポートの内容:携帯・パソコン学習のシステム、質問受付、確認テストなど
●受講料:49,800円